施工中物件CONSTRUCTION

太子町 T様邸『ハウス物語』新築編投稿数:11

2020.06.27内装も着々と

内装も着々と

内層にはウォーロという左官材料で仕上げています。

珪藻土と漆喰と天然沸石と断熱ビーズ(火山灰鉱物を加熱発砲させた特殊真空ビーズ)

の天然素材を調合した左官材料です。

質感が良いですね。

ハウス物語 第二章 間も無く終了します。

 

2020.06.22カウンター おさまりました。

カウンター おさまりました。

数年前に市場で出会った

ウォールナット

こちらのお家で、新たなお役立ち

『玄関入ると、目の前のカウンター』

家人やお客様をお出迎えしたり

粋な飾棚になったりとすることでしょう^0^

 

  

2020.06.11外装工事中

外装工事中

梅雨入り前に外装工事が順調に進みました。

樋もかかり外装はほぼ完成です。

今回採用した樋は、タニタハウジングウェア『ガルバリウム』スタンダード半丸です。

屋根材とお揃いの金属製で、さりげなくシンプルなデザインですが、排水力も兼ね揃えているやつです。

 

ハウス物語 第二章 施工編 まだ続くのです。

 

2020.06.075/30 構造見学会でした。

5/30 構造見学会でした。

高性能な木の家にご興味のある方は、構造見学会がおすすめです。

住宅の性能は主に、耐震性能、断熱性能、気密性能、換気性能などですが、

どれも仕上がってしまうと目視が、難しい部分ばかりなのですね。

弊社では特にその部分を観て頂きたいと思い、この見学会を開催し続けています。

特に断熱性能は、家の中に入った瞬間に体感していただけます。夏でも、冬でも。

多くの方がこの温度差に驚かれたり、納得されたりされてます。

 

弊社はアイシネンという現場発泡系断熱材を標準採用しています。

いくつもの理由がありますが、その一つに経年変化せず、その性能が生涯保証されるということも

あります。

数十年経っても断熱性能が変わらない唯一の断熱材がアイシネンです。

 

7月18(土) 19(日)

10:00〜

完成見学会を開催します。(ご予約制)

ご予約は、HPNO お問合せ から

フリーダイヤル 0120-039-884 から

お気軽にご連絡いただければと思います。

2020.05.27カウンター仕込み中

カウンター仕込み中

何の木だと思いますか?

 

二年前、関西最大級の木材市場に行った時に

私の目にとまった材です。

そう、“ブラック ウォールナット”です。(長さ1600 幅380 厚み54)

高級な家具やギターなどの楽器に使われる木です。

 

今までなかなかプランに入らなかったのですが、この度こちらのお家に嫁ぐことになりました(笑)

玄関ホールのカウンターとなり、家で一番目立つところで家族やお客様をお迎えすることでしょう。

 

市場では木材保護の塗料が塗られているので深みがかった色あいですね。

さて、板のクセを(ねじ・そり)を取るために必要な寸法にカットして

削ります。

そしてサンダーで磨き仕上げていきます。

一番大変な作業風景、まさかの未撮影。どれだけ集中しているか伝わるといいのですが…。

 

あとは現場で大工さんが納めてくれて、オスモのクリアーで仕上げます。

 

ハウス物語 第二章 施工編 まだまだ続くのです。

 

 

 

2020.05.21階段施工中

階段施工中

アイシネンの施工が終わるとシステムバスの施工や階段掛けの施工になります。

階段の裏側って完成すると見えない部分かつ修正が困難ですね。

だから、出来る限りの一生懸命で仕事をする。一段一段。

今度機会がありましたら、ぜひ一度弊社の階段を体験しに来てください。

きっと満足いただけると思います。

広く、低く。

ただこれだけですが。

 

  

2020.05.21アイシネンの施工

アイシネンの施工

世間はコロナという時でしたが、弊社の建設現場はいわゆる三密では無いので

施工を進めました。職人さんは道路がよく空いていたとのことでした。

もう10年ほどアイシネンの施工現場を見ていますが、この断熱工事は何度見ても

飽きることが無いですね(笑)

シュー〜

モコモコ もこもこ!

シュー〜

モコモコ もこもこ!

の繰り返し (笑)

 

ハウス物語 第二章 施工編 まだまだ続くのです。

 

 

 

2020.05.21現場打ち合わせ

現場打ち合わせ

日本の家屋は屋根から造るのです。

棟上げすると一番最初に仕上がるのが屋根です。

そう、雨の多い日本ではそうなりますよね。

続いて窓が入り、外壁の工事へと進みます。

外部の雨仕舞いが出来ると、屋内の造作が始められます。

 

さて、現場では進捗確認をかねた現場打ち合わせです。

『おっちゃ〜ん!』

後ろを振り返りましたが、私以外無人…。あっ!?

『こんにちわ ^0^/』

 

ハウス物語 第二章 施工編 まだまだ続くのです。

 

 

2020.04.08祝上棟

祝上棟

3月吉日

青空に包まれながら、棟上を迎えられました。

前日まで雨続きでしたが幸い工程に大きな影響もなく

ほんとうに良い棟上でした。

 

  

2020.04.05棟上までカウントダウンです。

棟上までカウントダウンです。

長期優良住宅 ちょうの家

基礎工事も順調に進んでいます。

床下エアコンを計画しているので、空気の流れがなるべくスムーズになるようにと

基礎の立ち上がりを少なくしました。

なので、許容応力度計算にもとづいて地中梁を設置し安全性も確認しています。

後からでは確認できないところでので、しっかりと検査員に確認してもらってます。

 

コンクリートをながして

配管して

土台を敷き込んで

足場が出来ると

さあ、棟上げです!